2020.07.01 [水] - 2020.07.12 [日]
12:00-21:00 定休:月、火 入場料:¥400(お菓子付き)
以下、展示作家の鈴木光より本展示へむけたコメントです。

「今回の展示は、今回のコロナ騒動を受けて、4月半ばから始まったブエノスアイレスに住むアルゼンチンの編集マンとのプロジェクト。
本当は、昨年から制作していた横浜中華街の周りで撮影した映像作品を出品しようとしていました。そして本来なら、4月にタイに行くことを予定していて、チケットも取っていたし、それのために、仕事も全部中止していたのでした。予定通りに人生は行かないものかもしれないけれど、今回は、人に会ってはいけないという制約がついていて、今まで体験したことがないようなハードルが立ちふさがっています。」

ビデオターについて:
1:自分の質問を相手に送る
2:約3週間後にビデオレターが届いた
3:自分の返信ビデオレターを約2週間間後に送った
4:それで終わりかと思っていたのだが、その返信が約1ヶ月後に来た。
それが、2020年6月27日(土)。
5:次は自分が返信する番です。

このOngoingの展示中に作品を作りビデオレターの返信をするつもりです。
期限は、7月6日(月)の予定。
この正にongoingプロジェクトをご覧頂ければと思います。

「タイトル:「When~デスクトップ・ドキュメンタリー~When」 「展覧会概要」:

映像作家ジョナス・メカスと映画監督ホセ・ルイス・ゲリンのビデオレターを参照して、今回の展示は、現在のコロナ禍のグローバルな社会におけるドキュメンタリーとフィクション・表現・アートということを前提に制作されました。フランカ・マルファティは、アルゼンチンのブエノスアイレスで映画やドラマの編集マンとして、活動しています。その彼女と、私鈴木光は、今回、地球の裏側に住む作家同士として、ルイスとジョナスのようにビデオレターの交換を行いました。その記録がここArt Center Ongoingで上映・展示されます。 今回の企画は、ハンブルク芸術大学ドキュメンタリーコースの講師である映画作家Nele Wohlatzの企画・サポートのもとに実現した正に奇跡的なprojectです。私は、ドイツと2012年に滞在してからこれまで計約8年の関わりを持っていますが、その前に実は、中南米のハバナに滞在したのでした。そこから考えると私のヨーロッパ編のタームを終えて、これから中南米=ラテンアメリカ編へと移っていく移行期なのではないかと考えています。是非この分岐点にある「点」としての展覧会に来て頂きたいと願っております。」(鈴木光)

鈴木光 プロフィール
1984年福島県生まれ。ベルリン芸術大学映像コース卒業。
近年の映像上映&展覧会に、「Experimental film culture vol.2」(2020)(ポレポレ坐)、「Experimental film culture vol.1」(2019)(art center ongoing)、ドキュメンタリードリームショー山形国際ドキュメンタリー映画祭 in Tokyo 2018 (K’s シネマ)、New film Japan (イメージフォーラムフェスティバル2017)、第7回恵比寿映像祭(2015)「惑星で会いましょう」(東京都写真美術館)、HIKARU SUZUKI SPECIAL (日本コネクション 2015) 他、国内外でアート・ドキュメンタリー・フィクション・プライベート・日常などをキーワードに作品制作・発表を行っている。現在横浜在住。http://hikarusuzukifilm.work/


<会期中イベント>
イベントは全てオンラインで行います。以下から登録をお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UC0j0haeaBVhEJxybms3YUrw?view_as=subscriber
Art Center OngoingのnoteおよびPyaPayによる投げ銭制です。


■■■
7月4日(土)19:00~
「オンゴーイング・スタジオ」2020/07/04
西澤 諭志(写真家・映像作家)× 鈴木光(映像作家・アーティスト)
これまであんまり時間がなくて話して来なかったお互いのことについて少しづつじっくり語り合う会。

西澤諭志(にしざわ さとし)
プロフィール
写真家/映像作家 1983年長野県うまれ カメラで記録した身辺の映像から、細部の社会的、経済的な側面へも目を向ける為の作品を発表。 主な展覧会に「西澤諭志展―写真/絶景 そこにあるもの―」(LIXIL Gallery2、2009)、「Parrhesia #013 西澤諭志[普通]ふれあい・復興・発揚」(TAPギャラリー、2018) 主な上映会に「西澤諭志特集:ドキュメンタリーのハードコア」(UPLINK、2017)


■■■
7月11日(土)19:00~
「オンゴーイング・スタジオ」2020/07/11
『奥間 勝也(テレビディレクター・映像作家)× 鈴木光(映像作家・アーティスト)』
テレビやドキュメンタリーを作っている視点・映画・アート・表現について、そして、メディアやコロナ禍の映像制作・映画・現在の自分の活動についてじっくり話をする会

奥間 勝也(おくま かつや)
1984年生まれ。沖縄県出身。琉球大学修士課程修了後に東京のテレビ・映画製作会社に参加するため上京。 沖縄を舞台に制作した中編映画『ギフト』が山形国際ドキュメンタリー映画祭2011、ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭(スイス)など国内外で上映。インドで制作した『ラダック それぞれの物語』が山形国際ドキュメンタリー映画祭2015で奨励賞。 2015年に演出した、原爆映画に関するドキュメンタリー『いま甦る幻の映画「ひろしま」~受け継がれていく映画人の想い~』はATP最優秀新人賞を受賞した。長編第一作となるドキュメンタリー『骨を掘る男』(仮)を制作中。


■■■
6月12日(日)15:00~
「オンゴーイング・スタジオ」2020/07/12
『Pre Ongoing School』
作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャーをインターネットで配信します。